北村國博法務行政書士事務所_不倫問題
[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]

◆女性
性格の不一致や言葉の暴力が原因で協議離婚をしようと、主人と3年以上も別居生活をしていました。その後、子どもの親権等、離婚に伴う取り決めがようやく主人との間でまとまり、先生に離婚協議書を作成して戴きました。私の思いや意見をきちんと正確に書面に記載し、尚且つ、将来、主人側に養育費等の不払いがあった時に、強制執行が出来るような内容を書面に挿入して戴きました。この離婚協議書をもとに、公証役場で公正証書にして戴くことも先生に依頼しました。主人の方も納得し、急速に離婚に向けての準備が整いました。これも先生の細かいアドバイスや書類作成の卓越性の賜物だと感謝申し上げます。本当に有難うございました。

◆女性
夫のある身ですが、会社の上司のパワーハラスメント(パワハラ)の威嚇により、何回か食事に誘われ、その内に肉体関係を持つに至りました。最初は拒むことに必死でしたが、その強引さに屈した自分を悔いる毎日が続き、精神的に衰弱した日々を過ごしていました。主人にも事の詳細を話す勇気もなく、先生のことをインターネットで知り、相談を持ちかけ、相手上司宛てに、私の名前で慰謝料請求の内容証明を書いて戴き、上司の謝罪も要求しました。結果的に上司は私との示談で慰謝料支払いと謝罪を認め、表面的な解決を見ることになりました。自ら招いた事に対して、主人にも真相が開示されることもなく、今は、ほっと胸を撫で下ろしています。徐々に元気も回復し、明るさも取り戻してきました。これも温かい先生のアドバイスと的確な処理のお陰だと深く感謝申し上げます。助けて戴き本当に有難うございました。

◆女性
私は独身の身でありながら、妻子ある男性と不倫をしていました。妊娠していましたが、相手の奥さんに発覚してしまい、止む無く堕胎しました。私の行為は確かに、不徳の行為であり、違法な行為であることは理解していましたが、生まれるはずの子どもには何の責任もありません。やるせない気持ちと精神的・肉体的苦痛で心身共に大きな痛手を被っていました。そんな状況の中、相手の奥さんから内容証明で300万円の慰謝料の請求を受けました。どうしたら良いか落ち込んでいたところ、先生のHPをインターネットで検索し、相談することにしました。不倫(不貞)行為が、「相手男性と私の共同不法行為であり、私だけが慰謝料を支払う義務がない」ことを先生から教えて戴きました。早速、私の名前で相手女性に対して回答書を出し、「現在、慰謝料の金額を支払う余裕等、とてもありません。しかも、この慰謝料の支払いは、私だけが支払うのでなく、あなたのご主人と連帯して支払うべき性質のものです」と云うような趣旨で内容証明郵便(配達証明付)にしました。先生に相談したときから、不安であった気持ちが少しずつ解消され、逆に、大いに励まされました。失意のどん底にあった私は、先生の言葉に救われ、侵した自らの行為を反省し、二度とこのような過ちをしまい!と心に刻み込みました。相手女性は、その後、ご主人(不倫相手)と話合い、結局、協議離婚し、慰謝料を支払うことで解決しました。その節は、先生には大変お世話になりました。有難うございました。上手く言葉に出来ませんが、今後とも、私のような弱い立場の女性に対して、救済の手を差し伸べて下さい!私の友達も現在、悩んでいることがありますので、また、相談することになりますので、宜しくお願い致します。

◆女性
妻が職場の上司(現在、独身)と不倫し、その事実を妻の告白で知ることになりました。驚きと憤りと不審感で、とても妻とその相手男性を許すことは出来ませんでした。悩んだ挙句、先生のことをインターネットで検索して相談しました。全国的に実績のある先生のアドバイスを得ながら、私の名前で相手男性とその後別居中の妻に配達証明付内容証明郵便にて、「交際中止と慰謝料請求」を通知することになりました。7日後に相手男性から私宛てに回答があり、「交際中止と慰謝料の支払い」を確約する内容で返答がありました。妻からも、今後のことをどうするか話し合う機会を持つことが出来ました。現在、協議離婚の条件について、妻と協議中です。自分の事とは言え、一人ではどう対処したらよいか、全く判らずにいただけに、先生と遭遇したことで、親身になって対応して戴きました。
本当に何から何まで、助けて戴き、感謝の気持ちで一杯です。先生のプラス思考の考え方に基づき、心気一転!これからやり直す自信も生まれて来ました。有難うございました。これからも人生の良き先輩として、又、頼りになる法律家として、ご指導戴きたいと思います。

◆女性
インターネットで先生のサイトを見て相談しました。親の相続手続がなされ、相続分が一人の相続人に勝手に処分され、私の遺留分を侵害されていたことに気付きました。 先生の丁寧な説明と回答を得て、その遺留分侵害の事実と遺留分を取り戻す趣旨の内容証明の文案を書いて戴きました。その遺留分減殺請求書は完璧であり、侵害した相手も争う余地はなく、素直に侵害分の財産(預貯金)を返還してくれました。相続の法律知識も少なく、どうすればいいのか困っていただけに、先生に遭遇したことと完璧に分りやすく対処して戴いたことに本当に感謝しております。有難うございました。

[ 1 ] [ 2 ] [ 3 ] [ 4 ]
TOPへ戻る